中国でのインターネットは規制で”超”不便!不自由アクセス!

中国に行くけど、グーグルやLINEに繋がらないと困る!
中国に来たけど、いつも見てたサイトに繋がらなくて困っている!

a1640_000326

中国に行く人や生活する人にとっては、大気汚染、食品の安全性、暴動やテロなどの治安状況、反日感情などとあわせて、インターネットのことも大きな心配事です。
 

 

中国のインターネット規制は徹底的

インターネットが普及して海外生活は格段に便利になりましたが、これが中国となると少し事情が変わってきます。

中国国内でもインターネットが非常に普及していて、ユーザー数も世界最多なのですが、政府によって情報の検閲や統制が実施されていて、世界中のサイトに自由にアクセスできません。

当局が不適切と判断したサイトは見られないように規制されています。中国人は大雑把な国民性なのですが、この点はかなりの徹底ぶりで、事前に分かっていても実際に経験すると想像以上だと驚く人が多いです。

zh261102

例えば、

アクセス自体ができない

329386日本人がよく利用する主なところでは、グーグル(Gmail、マップなども)、Youtube、フェイスブック、ツイッター、FC2、アメブロ、ニコニコ動画、Instagram、TumblrといったサイトやSNSサービスには基本的にアクセスできなくなっています。LINEもつながったりつながらなったりと不安定な状態です。

検索できない文言がある

10-128規制されていないサイトでは普通に利用できますが、それでもYahoo!など検索エンジンで「天安門事件」など政治的な文言やアダルト系のサイトを検索すると、検索結果は表示されても、その先には進めないことが殆どです。中国語での検索は完全に引っ掛かります(中国語や漢字以外で検索するとアクセスできることもあります)。

!!中国のネット規制は、香港とマカオは対象外です。本土のみです。

これらの状況は、中国当局の意向ひとつで変化します。全体の流れとしては規制強化の方向にあるようです。

※目的のサイトが中国国内からアクセスできるかどうかの確認はこちら。

いずれにしても、赴任や出張、留学などで中国で生活する日本人には不便極まりありません。中国に送り出した日本の家族や友達にとっても同じです。

僕は少し前まで中国に滞在していましたが、その間にネット規制が本格化して、上記のサイトが徐々に使えなくなりました。当時、家族や友人との連絡や近況報告に使っていたフェイスブックが前ぶれもなくいきなりつながらなくなって困りました。現地の中国人に聞くと、政治的な大会やデモ、テロといった事件があると特に規制が強化されるんだと教えてくれました。

 

中国で、こうしたインターネット規制を回避して日本国内と同じようにインターネットが使える方法があります。

一つは、スマホやタブレットの「国際ローミング」という仕組みを利用する方法と、もう一つは「VPN」という技術を使ってインターネット接続する方法です。

⇒国際ローミングでネット規制を回避!

 

中国でのインターネットの解消する「VPN」って?

261106vpn

「VPN」は、中国国内から直接インターネットに接続すると政府の規制を受けてしまうので、仮想的な(Virtual)専用回線(Private Network)を、規制のない国外に設置したサーバー(インターネットの出入口)まで設けて、そのサーバーを経由してインターネットに接続するというイメージです。

例えば日本のサーバーに接続すれば、中国にいながらにして規制のない日本国内にいるのと同じようにインターネットが使えるということなります。

a1640_000328

このVPNサービスは、特別な機器などは必要なく、中国でインターネットに接続できる環境があれば利用できますパソコンやスマホの設定を追加するだけです。ただ注意点があるので確認しておいてください。

 

VPNサービス選びのポイント

VPNサービスは数多く存在しています。なかには無料ものや運営者が怪しげなものもあって、一体どこのサービスが良いのか迷います。そこで、僕の経験上の失敗しにくいVPNサービス選びのポイントをまとめてみました。

(1)運営主体がしっかりしているところ

globe-safety-shield-128 一番のポイントはVPNサービスの運営主体がどこかです。VPNには個人情報などの重要なデータも流れるので、セキュリティー対策や設備等の管理、サポート体制がしっかりしているところが安心です。その判断の目安は公式サイトです。

運営主体の公式サイトが見やすくて、わかり易いものかどうか、会社概要、所在地や代表者名などがきちんと明記されているかどうか、問い合わせのメールアドレスや電話番号を用意しているか、有料サービスの場合は解約方法について説明がされているかを確認してください。

中国はもちろん世界中にVPNサービスを提供している会社や団体がありますが、言葉の面などを考えると、個人的にはやはり日本の運営主体が安心だと思います。

 

(2)公式サイトが中国国内から見られるところ

checked-www-domain-window-128VPNサービスの運営主体の公式サイトそのものが、中国のネット規制対象になっていて中国国内から見られなくなっていることがあります。

中国国内で最新情報を確認したり、何かトラブルなど起きた場合に照会や問い合わせをしたり、或いは申し込みや解約手続きをするには公式サイトが見られる(アクセスできる)かどうかは、意外と大切なポイントです。

 

(3)接続方式が自分のインターネット環境に合っているところ

developer-api-coding-screen-128VPNの接続方式には、主にPPTP、 L2TP、OpenVPNといったものがあります。固定回線やWi-Fiなど無線回線に関係なく利用できます。

特に固定回線でインターネットを利用していて、ルーターを使っている場合、VPNの接続方式に対応している機器でないとつながりません。また集合住宅や宿舎等でインターネット配線が棟内LAN型になっている場合も同様です。滞在する場所のインターネット環境に合った接続方式に対応しているVPNサービスを選ぶ必要があります。

とはいっても、このような小難しい技術的なことが分かる人は少数だと思います。接続方式が判らなければ、とりあえず実際に使ってみて確かめたほうが早いです。有料サービスでは無料試用期間が設けてある場合があるので、その間に利用の可否や使い勝手などを確認してみてください。

 

利用しやすいVPNサービス

VPNサービスは、通常のインターネット接続に追加して利用します。VPNサービスだけではインターネットにつながりません。

2810042

中国でADSLや光回線、LANなどインターネット回線や携帯電話回線、Wi-Fiといったインターネットが利用できる環境が必要です。

中国に中長期間の駐在や出張、留学する人に向いています


画像の説明文
 
画像の説明文

 

signal-128短期間の中国旅行や出張には、お持ちのパソコンやスマホで簡単に使える、インターネット規制回避機能付きのレンタルWi-Fiルーターが便利です。日本でWi-Fi機器を借りるだけで、インターネット回線やVPNの契約は不要です。

bt_fukidashi3

 

 
中国に持っていくお金 銀聯カード

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ